チャンレンジ

酸素供給と酸素需要のバランスを取ることは、敗血性ショックの式熱および治療のためのEGDT治療の重要な一部です。

EGDT敗血症は、感染に対する人体の免疫反応の結果発生する幅広い組織炎症と特徴付けられる危険な医学的状態です。敗血症が治療されないと、低循環や臓器不全等のさらに深刻な状態に陥ります。この状態は患者が低血圧となった場合に悪化し、最終的には敗血性ショックにつながります(24時間以内)。1 加えて、このような状態の死亡率は30%を超えています。2 この疾患は素早く進行するので、初期診断が重要です。EGDTは、人体の酸素供給と需要のバランスを元に戻すことを試みます。これには、臨床医による静脈血酸素飽和度測定を介した健康的な組織酸素化評価が必要です。1 

当社のソリューション

TriOx SvO PA カテーテルおよびTriOx ScvO2 中心静脈カテーテルおよびプローブは、深刻な敗血症または敗血性ショック時に臨床医が酸素供給と需要を最適化し、またEGDT治療を行うことに役立つよう開発されました。

Triox

TriOx 3-波長酸素飽和度測定技術は、細胞配向、血管壁反射およびpH変化によるアーチファクトを濾過し、圧倒的な精度を提供します。この技術はまた、中心静脈カテーテル(CVC)プローブの様々な形態で用意されています。これは、ほとんどのCVCをScvO2 モニタリングカテーテルに変換し、既存CVCを置換することなく治療目標を達成するための臨床医によるモニタリング機能の拡張を可能にします。TriOx酸素測定技術の精度は、EGDT治療開始にとって非常に重要です。`

 

レファレンス

  1. Emmanuel Rivers, et al. Early and innovative interventions for severe sepsis and septic shock: taking advantage of a window of opportunity, CMAJ, October 25, 2005, 173(9)
  2. Angus, DC, Linde-Zwirble WT, Lidicker J, et. al. Epidemiology of severe sepsis in the United States: analysis of incidence, outcome, and associated costs of care. Crit Care Med 2001;29:1303-10