チャンレンジ

Sighealthhazard癌は世界における主な死亡原因であり、2007年だけでも約790万人の命を奪いました。この数字は2030年までに倍増すると専門家は予測しています。1様々な癌治療に使用される有害薬物の安全でない取り扱いは、1970年代以降医療従事者に対する大きな健康被害であると認識されています。有害薬物の毒性および長期的曝露の危険性は、脱毛、皮膚発疹、不妊症、流産、出生異常、白血病、他の形態の癌等を医療従事者に引き起こすことが証明されています。2,3,4,5研究によると、これらの薬品の製造、流通、臨床環境または在宅ケアでの使用、廃棄物処理等に関与する労働者は、曝露の危険にさらされる可能性のあることが示されています。医療従事者は、薬品調製段階および看護師による投与時に生成された気体または粉末の吸引、または偶発的な針刺し、漏出または漏出の清掃時の皮膚への直接接触によりこれらの薬品にさらされることがあります。

緩和

職場の危険要因を最小化するための基本的労働衛生のアプローチは、危険の排除または置換、工学統制、管理統制、個人用保護具(PPE)等を含む階層型管理手法です。有害薬物の取り扱いに関してNIOSH、ASHP、およびONSで設定された現行ガイドラインは、このような労働衛生原理に基づいています。 

薬品調製手順は、各施設によって異なる場合があります。施設によって、有害薬物調製または無菌化および封じ込めのためにクラスIIまたはクラスIIIの生物学的安全キャビネット(BSC)が使用されたり、アイソレーターが使用されます。6 薬品調製は、全てのPPE推奨に従い許可を受けた人物のみにアクセスが制限された、整頓され適切に清掃された制御環境で行われなければなりません。 

Onco -safety -mit -circle

有害薬物管理に関する詳しいガイドラインは、作業を行う際のPPE着用の重要性、できる限りのニードルフリーシステムの使用、および薬品以外の溶液を使用して薬局またはケア現場で充填された静脈ラインの使用を強く主張する米国がん看護協会(ONS)により作成されています。7 

施設内において、有害薬物は環境、薬物そのもの、およびそのような薬品の所定の取り扱いおよび輸送に関与する全人物への被害、およびその後の汚染を防ぐような手段で梱包および輸送されなければなりません。保護容器は、薬品が安全に固定されるように型どりされた発泡体またはスポンジ状の素材で作られたものが使用されなければなりません。容器はまた、内容物が危険であることおよび薬品が保持されるべき適切な光および温度に関するラベルが付けられていなければなりません。8 

有害薬物への曝露からの完全な保護を提供するためのBSCおよびPPEへの依存は、誤った安心感を与えることがあります。汚染の原因となる他の要因には、報告されていないまたは適切に清掃されていない漏出、汚染物質の輸送および保管等が含まれます。

クローズドシステムトランスファーデバイス(CSTD)

手袋、上着、マスク、通気型調製フード等の他の安全措置とCSTDを組み合わせて使用することは、有害薬物の調製、運搬、投与および廃棄時の安全性を向上します。CSTDは、安全な取り扱いプロセスを通して物質(噴霧、液体、粉末を含む)がバイアルまたはバッグ外に漏れないようにするデバイスを説明するために使用される一般名称です。NIOSHおよび米国薬局方(USP)のUSP797は、有害薬物の職業曝露を最小化するためにCSTDの使用を推奨しています。9,10クローズドシステムに関するNIOSHの定義は、環境汚染物のシステムへの移動および薬品または噴霧のシステム外への流出を機械的に防止するものとなっています。

Increase -safety

いくつかの研究により、表面汚染、大気放出、および医療従事者への曝露に対するCSTDの効果が証明されています。11,12

ある表面汚染を比較した研究は、合衆国内にある22の病院の薬局での標準的薬剤調製技術とCSTDを比較しました。この研究は、全ての薬品サンプル(シクロホスファミド、イホスファミド、5-フルオロウラシル)において、汚染レベルがそれぞれ95%、90%、65%と大きく減少したと結論づけました。13

CSTDの評価時、臨床医および医療施設は、どのシステムが適切であるかの判断時にいくつかの要素を考慮する必要があります。上記の通り、CSTDは有害薬物の取り扱いを行う人物の安全性を大きく高めることを、多くの研究は明確に示しています。また、これらのシステムは安全な取り扱いに関与する全ての人物(調製、運搬、投与、廃棄)に対する高いレベルの保護を提供しますが、この技術は現在も進化しています。現時点において、市販のCSTDは、リスクを大きく緩和する能力にも関わらず、全ての有害薬物曝露の100%排除を主張することはできません。

当社のソリューション

ChemoClave®クローズドシステムトランスファーデバイス(CSTD)

有害薬物の取り扱いに関する十分に立証されたリスクに応えるために、ICU Medical 社では有害薬物を安全に取り扱うための世界でただひとつのニードルフリー CSTD である ChemoClaveを開発しました。

Chemo ClaveChemoClave CSTDsは、有害薬物をバイアルから取る際にバイアル内圧を自動的に均一にするための内部バルーンを用いたGenie®ニードルフリー CSTD バイアル アクセスデバイス、様々なニードルフリーバッグ スパイク、Spiros ®オス ルアーを有したした主要なアドオンおよび投与セットで構成されています。 Spiros は、注射器または静脈セットの末端に装着でき、接続解除時は自動的にセルフシールします。 Spiros はまた、Genie に接着されたClave® ニードルフリーコネクターに接続することができます。

Preparation - ChemoClave

安全な調製

ChemoClave CSTD は、有害薬物の調製時に機械的および微生物学的にクローズドニードルフリーシステムを維持し、あなたの安全確保と推奨されるガイドラインの順守に役立ちます。

Transport - ChemoClave

安全な運搬

クローズドシステムを維持することによって、ChemoClave CSTD は、有害薬物を薬局から看護現場に輸送する際に漏れや流出を防止するのに役立ちます。

 

Administration - ChemoClave

安全な投与

ChemoClave CSTD は、標準的看護手順を変更することなく危険薬物への曝露を最小限に抑え、偶発的な接続解除を防止することによって、医療従事者と患者の安全性を高めます。

Disposal - ChemoClave

安全な廃棄

ChemoClave CSTD は、廃棄物処理に至るすべての過程で機械的および微生物学的に閉鎖状態を維持して、医療従事者や環境への薬物曝露の可能性を排除します。

臨床および業務における利点

NIOSHおよびASHPガイドラインへの準拠に加え、ChemoClaveは、看護師が直感的で簡便に使用できるニードルフリーシステムであり、最初から最後までのコンプライアンスを確実なものとすることに役立ちます。PhaSealとChemoClave CSTDを比較した研究において、PhaSeal使用時の製品操作に関するワークプラクティスと使用手順が有害薬物の封じ込めおよび針の安全における重要要因であるように見受けられるが、手順の数が少なくニードルフリーのChemoClave CSTD使用時はそうでないことが示されました。142つのCSTDを直接比較した以前の報告において、表面汚染に対する有効性に違いがなかったと報告著者は結論づけました。15

2011年3月、Journal of Oncology Pharmacy Practice誌の社説において、「現在利用できる異なるクローズドシステムが同じように効果的であるなら、コストと使い勝手が選択要因となる」と著者は結論づけました。また、選択するCSTDが「再構成から投与までの全取り扱い段階における有害薬物の抑制能力」を確認するよう病院に促しました。16この目的を達成するために行われた市販されている全CSTDを比較した最近の研究において、ChemoClaveが大きなコスト削減を病院に提供すると同時に、使いやすさ、実用性、および認識される安全性において、薬剤師、看護師および価値評価専門家の部門間評価において最高得点を獲得したことが示されました。17

レファレンス

  1. World Health organization (WHO). http://www.who.int/features/qa/15/en/index.html (accessed august 2009).
  2. Connor TH, McDiarmid MA. Preventing occupational exposures to antineoplastic drugs in health care settings. CA Cancer J Clin 2006; 56: 354-365.
  3. National Institute for Occupational Safety and Health. NIOSH Alert: preventing occupational exposures to antineoplastic and other hazardous drugs in the health care setting. Centers for Disease Control and Prevention, National Institute for Occupation Safety and Health, DHHS (NIOSH) Publication No. 2004-165. Washington, DC: U.S. Department of Health and Human Services.
  4. Valanis B, Vollmer WM, Steele P. Occupational exposure to antineoplastic agents: self-reported miscarriages and stillbirths among nurses and pharmacists. Journal of Occupational and Environmental Medicine: 41(8) August 1999;632-638.
  5. Skov T, Maarrup B, Olsen J et al. Leukaemia and reproductive outcome among nurses handling antineoplastic drugs. British J of Industrial Medicine 1992; 49:855-861.
  6. National Institute for Occupational Safety and Health. NIOSH alert: preventing occupational exposures to antineoplastic and other hazardous drugs in the health care setting. Centers for Disease Control and Prevention, national institute for occupation Safety and Health, DHHS (NIOSH) Publication no. 2004-165. Washington, DC: U.S. Department of Health and Human Services.
  7. Polovoch M, White JM, Kelleher LO, eds. Chemotherapy and biotherapy guidelines and recommendations for practice. Pittsburgh, Pa. oncology nurses Society; 2005.
  8. International Society of Oncology Pharmacy Practicioners Standards Committee. ISOPP standards of practice. Section 2 - Transport of cytotoxics.  J oncol Pharm Pract. 2007; 13 Suppl:1-81. 
  9. American Society of Hospital Pharmacists. ASHP technical assistance bulletin on handling cytotoxic and hazardous drugs. am J Hosp Pharm 1990; 47:1033-1049.
  10. The United States Pharmacopial Convention. USP<797> Guidebook to pharmaceutical compounding - sterile preparations. in: The United States Pharmacopial Convention, Rockville, MD, 2008.
  11. Harrison BR, Peters BG, Bing MR. Comparison of surface contamination with cyclophosphamide and fluorouracil using a closed-system drug transfer device versus standard preparation techniques. Am J Health-Syst Phar 2006; 63: 1736-1744.
  12. Sessink PJM, Rolf ME, Ryden NS. Evaluation of the PhaSeal Hazardous Drug Containment System. Hosp Pharm 1999; 34:1311-1317.
  13. Sessink PJ, Connor TH, Jorgenson JA, Tyler TG. Reduction in surface contamination with antineoplastic drugs in 22 hospital pharmacies in the US following implementation of a closed-system drug transfer device. J oncol Pharm Practice. 2011 Mar; 17(1):39-48.Epub 2010 feb 15.
  14. Zock M, Soefje S, Rickabaugh K. Evaluation of surface contamination with cyclophosphamide following simulated hazardous drug preparation activities using two closed-system products. J oncol Pharm Practice, august 12, 2010.
  15. Ledford a, Maliakal P, Rogers Tl, Mackey M. Evaluation of two closed system transfer devices in an outpatient community cancer centre. Poster 144. in: American College of Clinical Pharmacy annual meeting, Orlando, FL, October 2009.
  16. Davis J, Mclauchlan R, Connor TH. Exposure to hazardous drugs in Healthcare: an issue that will not go away. J Oncol Pharm Pract 2011 17: 9.
  17. Saria M et al. The Cost of Safety: Closed System Transfer Devices, abstract accepted at the International Forum on Quality & Safety in Healthcare, april 2011, Amsterdam NL.