チャンレンジ

バイオハザード廃棄物は、調製または投与に直接関与しない人々を危険な化学物質にさらす可能性があります。

有害薬物および患者排泄物と接触する全ての物質(バイアル、静脈セット、注射器、手袋、上着、便器、シーツ等)は、有害薬物として取り扱われなければなりません。実際、点滴エリアを清掃して廃棄物を片付けるハウスキーパーの尿中に有害薬物が見つかることがあり、汚染エリアからの吸引が記録されています。1 有害薬物の調製および投与からの全ての廃棄物は、病院方針および適用される州および連邦規制に従って分離および処分されなければなりません。2,3,4  廃棄物を削減することは、有害な抗がん薬への危険な曝露の可能性を大きく引き下げ、また1ポンド当たり約$.40(Baxa Corporation Star Center® の有害薬物の安全な取り扱いおよび調製コースに基づく)である有害廃棄物処理コストを削減します。 

CSTDをクリニカルプラクティスに組み込むコストは、購入過程における判断要因です。

経済的圧力が拡大するにつれ、調達決定は費用対効果を評価できない臨床的有効性研究のみを信頼することができなくなりました。導入コストの評価は、市販されているCSTDの比較において重要です。

当社のソリューション

ChemoClave® CSTDは、バイオハザード廃棄物を大きく削減することに役立ちます。

システム構成がシンプルな ChemoClave CSTD は、他の市販 されているCSTD と比較して 2 番目に低いバイオハザード廃棄物量です。 市販 されているCSTD の廃棄物に関連する前向き研究において、ChemoClave CSTD は大規模がんセンターがバイオハザード廃棄物を毎年2,300ポンド削減することを可能にしたと示されました。 この計算は、12ヶ月間にわたり毎月1,276例の輸液調製(年間合計15,312例)を行うひとつの大規模がん施設/病院で使用された場合に各システムが出す廃棄物の量に基づいて行われました。5
 

total-waste.png

 

 

ChemoClave CSTDは、他の市販 CSTD よりも安価に導入できます。

最近、有害薬物の調製、運搬、投与、および廃棄における様々な CSTD システムの導入に関連するコストに関する研究が行われました。 他の CSTD システムと比較した ChemoClave CSTD の大規模がん施設 1 件における実際のコスト削減は、年間約307,000ドルと見積もられました。5 市販 CSTD のコストを分析した別の研究においては、ChemoClave CSTD を使用することで投与される化学療法バッグ100本当たり57.50ドル~112.50ドルが削減されることが示されました。
 

Total -cost

レファレンス

* Calculations are based on a single, high-volume oncology facility/hospital preparing 100 mixes a day over 365 working days, for a total of 36,500 mixes annually. Texium/SmartSite is marketed as a closed system, not a CSTD.

† Component cost may vary slightly due to manufacturing price changes, contract pricing, and/or volume discount pricing. Texium/SmartSite is marketed as a closed system, not a CSTD.

  1. Eisenberg et al. Journal of Infusion Nursing: January 2009 - Volume 32 - Issue 1 - p 23-32.
  2. National Institute for Occupational Safety and Health. NIOSH Alert: preventing occupational exposures to antineoplastic and other hazardous drugs in the health care setting. Centers for Disease Control and Prevention, National Institute for Occupation Safety and Health, DHHS (NIOSH) Publication No. 2004-165. Washington, DC: U.S. Department of Health and Human Services.
  3. Smith CA. Managing pharmaceutical waste: what pharmacists should know. J Pharm Soc WI 2002; November/December: 17-22.
  4. International Society of Oncology Pharmacy Practicioners Standards Committee. ISOPP standards of practice. Section 2 - Transport of cytotoxics. J Oncol Pharm Pract. 2007; 13 Suppl:1-81.
  5. Barnachea L, Lee T, Gitler J, Saria M. Presented at the California Society of Health System Pharmacists (CSHP), November 4, 2011
  6. Saria M et al. The Cost of Safety: Closed System Transfer Devices, Abstract Accepted at the International Forum on Quality & Safety in Healthcare, April 2011, Amsterdam NL.