チャンレンジ

血管アクセスデバイスの留置は、血流感染リスクを増加させます。

87PC-infections

入院患者のほとんどは、治療のために何らかの血管アクセスデバイスを装着しており、また血流感染の約87パーセントは何らかの血管内機器に関連しています。1 CDCは、カテーテル関連血流感染(CRBSI)がアメリカ合衆国内で年間約250,000件発生していると概算しています。CRBSIによる死亡率ははっきりしていませんが、このような感染症は、高いコスト、死亡率、および入院日数に関係があると言われています。2,3

当社のソリューション

ニードルレス(IV)コネクタの設計は、院内血流感染症(HA-BSI)を抑えるために重要な役割を果たしています。4

 

当社の各インフュージョンセラピー製品は、血管アクセス用途において機械的および微生物学的に閉鎖されたニードルフリーシステムを提供することで患者および医療従事者の安全を守るよう入念にデザインされています。

Reduce -bacteria

当社のクローズドニードルフリーコネクターは、先駆的なリバースドスプリットセプタム、直線的な内部流路を有しており、細菌の侵入および細菌の定着を大きく軽減します。これらのデバイスは革新的なニードルフリー技術を介して患者の安全性を増すだけでなく、細菌の伝播と感染に対する効果的な微生物バリアを提供することが実証されています。5,6

ニードルフリーコネクターのバクテリア伝搬およびバイオフィルム形成特性に関する研究において、ICU MedicalのMicroClaveは、バクテリア伝搬、バイオフィルム形成、およびバイオフィルムバクテリア形成の点で他の全てのコネクターよりも優れており、バクテリアの侵入および繁殖に対する効果的なバリアを提供することが証明されています。この研究において、MicroClaveの能力は、外部表面からの患者血流へのバクテリア伝搬に対する強化されたレベルの保護を臨床医に提供することが指摘されました。これは、カテーテル関連血流感染(CRBSI)を取り除くための重要なベネフィットです。5

コネクター総合平均ログ (CFU/Flush)*pバリュー
MicroClave 2.5 ≤0.0001
SmartSite 3.6 ≥0.0677
ClearLink 3.6 ≥0.0677
Invision-Plus 3.8 ≥0.0677
Maximus 4 ≥0.0677
Q-Syte 4.8 ≤0.0001
コネクターコネクターログ密度ハブログ密度カテーテルログ密度
MicroClave 2.123 1.871 1.011
ClearLink 2.591 2.368 1.101
Maximus 3.432 2.398 1.980
SmartSite 2.878 2.629 1.386
InVision-Plus 3.306 3.046 1.391
Q-Syte 3.348 3.159 2.223

*最小二乗平均として計算

また、血栓形成は患者のカテーテル関連血流感染リスクの増大に関係づけられ��います。フィブリン、血液成分、およびバイオフィルムは蓄積することがあり7、バクテリアが育つ肥沃な培養基を生みだします。これは、微生物が血流に侵入することに直接的につながることが示されています。8当社のNeutronカテーテル開存デバイスは、FDAが認可した最初で唯一のものであり、全ての種類のカテーテルへの血液逆流を防ぐ能力を備えており、また感染症の温床である血栓症の防止に役立ちます。

 

ウェビナーおよびプレゼンテーション

WebinarThumb

Needle-free Connectors: Split Septum vs. Mechanical Valve…Can this classification model predict infection risk? 

By Marcia Ryder, PhD MS RN. APIC 2010 Satellite Symposium, Tuesday, July 13th, 2010. Running time: 1hr. 27min

WebinarThumb

Vascular Access...Connection Without Infection!

By Marcia Ryder, PhD MS RN, Research Coordinator at the Center for Medical Biofilm Research University of Southern California. Running time: 58min.

レファレンス

  1. Ryder, M. Catheter-related infections: It's all about biofilm. Topics Adv Pract Nurse Journal. 2005 [cited 2006 Sept 11]; 5(3). Available www.medscape.com/viewarticle/508109.
  2. Blot SI, Depuydt P, Annemans L, et al. Clinical and economic outcomes in critically ill patients with nosocomial catheter-related bloodstream infections. Clin Infect Dis 2005;41:1591-1598.
  3. Centers for Disease Control and Prevention. Reduction in central line-associated bloodstream infections among patients in intensive care units-Pennsylvania, April 2001-March 2005. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2005;54:1013-1016.
  4. Jarvis W, MD. Choosing the Best Design for Intravenous Needleless Connectors to Prevent Bloodstream Infections. Infection Control Today, August 2010 (http://www.infectioncontroltoday.com/articles/2010/07/ choosing-the-best-design-for-intravenous-needleless-connectors-to-prevent-bloodstream-infections.aspx.)
  5. Ryder M, James G, Pulchini E, Bickle L, Parker A. Differences in bacterial transfer and fluid path colonization through needlefree connector-catheter systems in vitro. Presented at the Infusion Nursing Society Meeting, May 2011.
  6. Moore C, RN, MBA, CIC. Maintained Low Rate of Catheter-Related Bloodstream Infections (CR-BSIs) After Discontinuation of a Luer Access Device (LAD) At an Academic Medical Center. Poster presented at the annual Association for Professionals in Infection Control and Epidemiology (APIC) Conference 2010, Abstract 4-028.
  7. Gorski, Lisa A MS, RN, CS, CRNI. Central Venous Access Device Occlusions: Part 1: Thrombotic causes and treatment. Home Healthcare Nurse. 21:2;115-121, February 2003.
  8. Ryder M. The role of biofilm in vascular catheter-related infections. N Dev Vasc Dis. 2001;2:15-25.